語ラーゼ

愛知の20代男がなんか語っとる・・・

ニシキゴイ句会とキャプションを味見

ニシキゴイには句会機能がある!

 と思い、ちょうどその時が「大寒」にさしかかっていた。

これは好機とのことで
大寒」で句会を開いてみた。

もちろんこの句も添えて。


最近、雑貨屋でメテオライトを見かけたのでこれを作句。*1

俳句SNSニシキゴイ」では
投句者の想いというキャプションも付けられる。
f:id:bigant1200s:20190210014231j:image

 

このキャプションは大事。
なにせ俳句は句について語りすぎると、詠み手の解釈から外れたり、
自身の感性からも離れて伝わってしまう。
そのため、「ニシキゴイ」においては
キャプションに書くことは

「出るとこ出して締めるとこは締める」

これが肝要かなぁと感じる。
ほかのSNSとはまるで違う部分。
Instagramとの違い。
楽しい、キレイの主役が句であるから、
読み手のセンスも問える。
いわば、読み手は野球の捕手だ。
そのキャッチ技術にこちらはズバッとハメるよう心がけたい。

そのためにも、うまく”掴める”句作とキャプションを。
陳腐化せずに作るには、もっと語彙を増やしていく。
動詞と助詞がとくに欲しい!
ここらは、小説の地の文とか脚本のト書きを読むと強化できるやも。
エッセイなどは着眼点、発想力の強化に使えるだろう。
そこまできたら、散歩によって観察していこう。

うむ、メモ魔のメモ帳にまたメモが増えそうだ。

はいおわり

 

~付録~

 

トンカツ定食食べたい。

*1:2019年2月10日:をかしの数9!ありがたい

ぼくだって・インスタ映えが・したいのに2

続編です。

以下の記事を読むと2度おいしいはずです。
はず。

fuseki01.hatenablog.com

 

・本編

料理が来たら写真を撮る。
そのことを忘れる習慣から、約二か月を経ていくばくかの成長が見られた。
そう、写真”は”撮るようになったのだ。
しかし、投稿することを忘れてしまう。
いや、正確にいうならば面倒くさがって”忘れた”ことにしている。
というべきか。
いかんせん、食後の満足感や談笑により優先順位は落ちる。
後日カメラロールから画像を見かけてまぁ挙げなくてもいいかと思い、
結局はクラウドiCloudの肥やしとなる。

これのリピートである。
しかしてこのリピートにはときたまノイズが挟まる。
1、2か月前だとかの料理画像を挙げてしまうのだ。
無論、これは防犯意識などセキュリティとしてのものではない。
ただ無意識。
挙げなきゃと思いつつ挙げていない現状を打破するオートメーションme。
習慣にしては規則性がない。
一方でスマホをいじる習慣から枝分かれし、
このオートメーションは作動する仕組みであることを、
私は看破したのだ。


自身を看破する特異な経験を味わった私は、
自身がいかにものを考えない、
体感で生きているその場その場ニンゲンだということを
嫌悪し、その対価として幾ばくかの”いいね”を得た。
この”いいね”が私をプラスにするわけではない。
こんなものよりもウロウロしてるときになぜかもらった
いつかの大根やらあったかいコーヒーの方が遥かに喜びなのだ。

いくら映えるものを撮ったとて、そのいいねは数字で測れるもの。
けだし、定量的なものであるがゆえ単純。しかして複雑性皆無。
純化されたものに面白みはない。しかしラクチン。

 

でもまぁ、うれしいね。
なにかしら感情のフックに引っかかったわけだし。
と、いうことでそれを裏切りたく思い、
料理に対して接近して撮ることで、がっかり感を演出している。
その結果、フォロワーの方からいただくいいねの数を半分にすることに成功。
求められていないことをするとしっかりと反映される世の中に、乾杯。

 

去年(2018年)出会ったマンガ5冊を選んだ。だけだ。

タイトルで数を限定したことにより、苦しんだ。
どうも僕です。

 

1.ジャガー

タイトルでやられた。直球勝負大好き。

ヒーロー物…でいいんでしょうかね。

壊人(カイジン)というのが悪役。

キチガエルという寄生蛙が人の身体に入った時、欲望が爆発し壊人となってしまう設定。

しかし、自我を保った壊人なんてのもいる。それが警察官である主人公。

ぶっぱなしたい意欲!

 

ジャガーン(1) (ビッグコミックス)

ジャガーン(1) (ビッグコミックス)

 

 

 

2、概念ドロボウ

イカれたダーツ漫画「エンバンメイズ」の作者田中一行先生の次回作がこれ、「概念ドロボウ」。

この方の書く人物の表情やら胡散臭さがものすごくツボ。かと思えばめちゃめちゃ主人公がしっかりカッコイイ!

けっこう表情コロコロ変わる感じいいんだこれが。

 

概念ドロボウ(1) (アフタヌーンKC)

概念ドロボウ(1) (アフタヌーンKC)

 

 

3、むこうぶち

セールで破格な安さだったし麻雀好きだしということで買った漫画。主人公を様々な負け方をすることになる敗北者どもの視点から見た息の長い作品。

一気読みすれば絵柄の変わり具合も楽しめる。

にしても麻雀漫画って息が長いよなぁ。

 

 

4.血と灰の女王

マンガワンという漫画アプリがありまして、

そこで絵柄に惚れ込み、読んでみたら・・・
めちゃくちゃ好き。なんといえばいいのやら、
千の言葉を謳っても、万のことばを綴っても足りない面白さ。
そして激しさ、何度読んでも「あっ、なるほどなぁ」となる。

さらに言いたいのは1巻表紙のドミノ様は上司の鏡。

絵柄はグロい、シグルイとか好きな人はチェックしているだろうなあ。

血と灰の女王(1) (裏少年サンデーコミックス)
 

 

 

5.圕の大魔術師

絵が美味すぎる、いや上手すぎる。

1巻で3000円くらい取ってくれてもいい。

イラスト集とか欲しくなりますね。

本の魔力ってありますよね、リアルでも。

主人公がデカい丸太を運ぶシーンは、成長に喜んでしまう。心も体も大きくなったのね…!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログとは別で、自分用の日記を付けている。その中でいかにもリキ入って感想書いてるな!という漫画をピックアップして、今記事としたわけで。

更新したい気持ちと整理したい気持ちを同時処理できてまさに一挙両得!

はい終わり

F1×俳句を味見したわけではない

せっかくだし、ちょっと前のニュース紹介。

こんなニュースがあったとさ。

F1に突然のHaikuブーム到来す | Ferrari | F1ニュース | ESPN F1

サラリーマン川柳みたいな感じ

2018/10/05 16:38

 

俳句というよりHaikuですな。
文字数でなく音節をもとに作る文学(?)

俳句ちょくちょく人気出るからなぁ。

 

選手のため息、困惑、歓喜、色々交えて

偶然、きれいな調べが出来てしまった。

それをHaikuと取り上げる。

ううむ、原点も原点回帰な感じがして味わいが良い。

はいおわり

 

 

 

『うらおもて人生録』is 人生のバランス感覚

 読書したかたらぜです。
また、これこれ!という本を見つけたのでご紹介。

 

うらおもて人生録 (新潮文庫)

うらおもて人生録 (新潮文庫)

 

 色川武大先生のうらおもて人生録。
ジャンルは・・・エッセイでしょうか。
ひとくくりにしがたい大事なことが色々書かれていますので。
これは何度も読み返すことになる本でしょう。*1

手短に好きな部分を3つ。

・読み進めていくと、独特な文体に惹かれます。
・世間から離れた者の"人生"においてのバランス感覚を養えます。
・他者との”輸出”、”輸入”に関して学べます。

”輸出”と”輸入”とは、
この本における色川武大先生の言語センスによるもの。
なので辞書的な意味とは異なります。
ここで語るには、もったいない。
なにをいうんだたわけが、と言われるかもしれませんがもったいないのです。
ぜひ、読んでいただきたい。
はいおわり

Kindle版がないんですよねぇこの本。

*1:何度も読めるのは名作の必要条件だよね

ぼくだって・インスタ映えが・したいのに

したいのに。

ご飯屋さんで目の前に料理が出され、たまらず1口目を頬張り二口三口。

途中で頭に?が浮かぶ。

「なんかやるんだったような」

そう、料理を撮ること。

インスタ…いやさInstagramのために料理を撮るのを忘れていた。いつも忘れる。

今回だって、ちょっと変わった料理をスマホカメラに写そうと思ったから見目麗しい料理をチョイスしたのだ。

(トッピングたっぷりの味噌ラーメンに花火が立っている姿)

なのになんだ。

目の前に料理が出れば、もう虜だ。

「おっきたきた。いただきま〜すぁ」

なんとかかんとか言いながら箸をつかみ、レンゲを持ち、食。

「んむ、んまい」

すぐ笑顔だ。
食は身も心も清らかにしてくれる。うまい。
聞こえよがしに、まぁまぁの声量で。うまい。

対面に座る友人に、うまさの詳細を伝える。
友人も「うまい」と舌鼓を打つ。
うまい空間が出来上がる。

ビールも進む。つまみのピリ辛キュウリも辛めで超グッド。
「うまい」
すべてがうまい。

そんなこんなで「あ」と思い出す。
Instagram。こいつを忘れていた。
しかし、食べかけのラーメン、飲みかけのビール。
うん、これではネットの海には流せない。
ならばこそ、「うまい」を味わいきってその感想を
言って回ろう、友人知人、未来に会う人々らに。

この繰り返しだ。
目的が根源的な欲求にすり替わる。
撮る<食う。
撮るより食う。

見るより触れることが尊いのだ。ふれあい動物園だ。
ただインスタ、いやさInstagramにアカウントを作ってしまった以上は、
なにか「っぽい」ことはしたい。

だが、忘却。

差し出されたお膳に目がない。
食って欲求が満たされ始めたとき、
パワーバランスが変わる。
撮る>食う
食うより撮る。

撮ることはもうできない。
不可逆。食撮の不可逆性。

ならばしかたがない。
食べ終わり、会計が終わると
また、来ようぜと友人に伝える。


果たして、
この来店動機は、食なのか撮なのか。
はいおわり

食キング 1

ポーカー×アーケードゲーム:ポーカースタジアムをはよ味見したい

やはりゲームはおもしろい。トランプもおもしろい。
トランプといえば、昔トランプマンが怖かった。

f:id:bigant1200s:20181108180036p:plain
どうもかたらぜです。
バンダイナムコゲームスから、
新しいアーケードゲームがでるそうで。

題材がまさかのポーカー。
カジノでは箸休め的なゲームではありますが、
競技としてはアツイ業界。
お披露目が楽しみにワクワクしている次第。

2019年春稼働予定
『ポーカースタジアム』*1

www.youtube.com

先が長い。是非ともやりたい。

ロケテストは遠いから断念。東京と大阪のみ。

麻雀以外でテーブルゲームが欲しかった。

スマホアプリなどでポーカーのオンライン対戦はできるものの、やはり!

どっかりと手が込んだ大きな筐体でゲームをやるのが楽しいんでね。

 

いわばポーカーは心意気の勝負。
初手で最高の手札もあれば、最低の手札もある。

最低の手札でも、最高の手札に勝てる。

まぁ基本的にそういう場合は突っ張りませんけども。
リスクとリターンの兼ね合い、
なにがリスクでなにがリターンとなるのかが、
プレイヤーに拠りけり。
場のカード、手札、チップを積む速さ、判断のスピード・・・
どれが真でどれが偽なのか、たまりませんな!

いづれにせよ、理由なき判断は大負けの元。
運が大きく絡むマインドスポーツであっても、
レジェンドと呼ばれる人物やプロが存在する。

その意味の一端でも、このゲームを通じて
追っていきたい次第。

春先が楽しみ。
もちろんこのゲームを絡めて、
俳句も作りたいものだ。

はいおわり

 

↑かっこいい異名が付きました。