語ラーゼ

愛知の20代男がなんか語っとる・・・

思うままに四行詩3

そこに何となくあるワイン

そこに確かにあるワイン

どちらも同じワインには違いない

ただどんな人間が置いたかは分かる