語ラーゼ

愛知の20代男がなんか語っとる・・・

プレバト2019年炎帝戦 予選のやつ味見

気づいたらプレバトの記事も久しぶり。

テレビつけたらやってたのでついつい。

もっと俳句広まらねぇかなぁ。

 

 

キスマイ千賀

黒き地の正体は海揚花火

めちゃくちゃええやんこのコントラスト

比喩?かと思ったら正体出てきて季語と。

実体験から出てくれるとやはり強いね

地と海と花火(天)で占める。にくいね〜これ。

 


そのまんま共有できるのがいいね。

直しなし!すごい!

 

ミッツマングローブ予選8位(最下位から2番目)

いたずらな背に女王花の爪の跡

夜に咲く女王花になぞらえて…てことね。

比喩なのか実体なのか。比喩としての花火?だろうね。読み取りづらい。

月下美人はいいんだけど。

いたずらな、はなんだろ?わからん。

↓先生の直し

女王花薫る背に爪跡をのこすかに

字余りさせてやっと伝えたいことがわかりやすくなる難しいよね。感性と言語化のバランスが難しい。

 


キスマイ北山

揚花火揺らす扇の三葵

天才言うてたのに…

徳川家の家紋

打ち上げ花火初めて見たのは吉宗らしい

三葵つかいたかったのね。わかる。

揺らすの動詞がまずいby先生

問題の

吉宗をいかにだすかに先生苦心

あっぱれ

見直し

花火あっぱれかざす扇の三葵

これなら!殿も出てくる葵も出てくるから徳川家も分かる。花火嬉しくて扇が出るのも良し季重なりが気にならない。

 

 

___________________

番組見ながらのメモ書きなので読みにくい,…

ちゃんと清書を気が向いたらやろう。

はいおわり