カタラーゼ

愛知の20代男がなんか語っとる・・・

プレバト炎帝戦第6位の句を味見

はいぼくです

 

今回は
ポイントカードの写真で1句ということで。
東国原英夫さんの句が気になった。

 

ポイントで もらひし蛍 なほ生きる

 

ぱっと見「なほ」が気になる
もともと生きてるものに強調している感じ
がある。・・・?

スタンプの絵が蛍なんかな

と思ってたら

マジでもらってたんかい!貰えることあるんかい!

 

背景として

ポイント(疑似貨幣)を生き物と交換することに負い目があったと。光らなくなってもなお生きていたという感動があったと。

 

先生観点
「で」の説明臭さ→「し」もあって文語的で説明くさくかんじる

「し」の効用を考えるいい指摘やな。

そして添削後が

 

ポイントでもらつた蛍なほいきる


口語にするだけで変わるねえ!!

こういう使い方もあるか口語。
古文的仮名遣いはムズいな〜
東国原さん的にも提出しておいて気になっていた部分はありそうだったし。(特に上五)

 

ちょっとの差で1位です、というところがなんとなく悔しい私がつくったわけではないけれど。

はい終わり

f:id:bigant1200s:20200809051838j:image

↑最近ハマってますヨーグルッペ